「人生100年時代」とよく耳にするけど、いつから人生は100年になったんだろう?

2040年推計の話

新聞で「75歳以上の世帯が1/4」という2040年推計の記事を見ました。

「21年後の推計なら、我が家もこの4分の1に入ってるなー」と思わずため息。

国立社会保障・人口問題研究所という機関が、国勢調査の結果を基に算出した将来推計だそうです。しかも、一人暮らしは全世帯の約4割にもなるとか。

この結果を受けて、新聞でも「『人生100年時代』を見据えた働き方や社会保障制度の見直しが急務だ」と述べています。

「人生100年時代」か…リタイアした後も時間はたっぷりありますね!

「人生100年時代」という言葉が独り歩きしていない?

最近は、積立NISAを推奨する金融庁だけでなく、官公庁や銀行・証券・保険などの各業界まで、「人生100年時代」という謳い文句が当たり前のように使われていますよね。

でも、確か、日本人の平均寿命(2017年)は、女性87.26歳、男性81.09歳だったはず?

もちろん平均である以上、長寿の場合、100歳を超えて生きる人が増えているのは間違いないでしょうし、平均余命で見るとどうかということもあるでしょう。

それでも引っかかるのは、平均寿命が急に伸びたわけでもないのに、ある時期から「人生100年時代」という美辞麗句がやたら使われはじめたと思いませんか?

ある種の世論操作というか、雰囲気づくりが行われたような気がしてなりません。

「人生100年時代」というポジティブな言葉のおかげで、気づかないうちに社会でも「自助努力も大切」という空気が醸成されているのですからね。

人生100年と誰が言い出したんだろう?

実際、この「人生100年時代」というコピー、真偽のほどはわかりませんが、官邸の経産官僚が考え出したアイデアだ、という噂を小耳に挟んだことがあります。

仮に噂が本当なら、「人生100年時代」を睨んで、国民がiDeCoや積立NISAでせっせと「自分年金づくり」に励むように環境づくりをし、頃合いをみて年金等の社会保障制度をバサッと切る肚なのかな、と思ってしまうのは勘ぐり過ぎでしょうか。

釈然としないのは、超高齢化社会の到来は、人口ピラミッドから考えると、少なくとも30年以上前から政府はわかっていたはず。

今さら「人生100年時代が到来したので、自助努力よろしくね」と言われたりしたら、国は何をやっていたのか、と嫌味の一つくらいは言いたくなりますね。

むすび

「自分年金づくり」くらいはしなきゃね、と自助努力に励む我が家。

こうして、知らず知らずのうちに我が家も「人生100年時代」というキーワードが頭の中に刷り込まれていくんでしょうね…。

読んでくださって、ありがとうございました。
ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next