60代、ささやかな投資生活を楽しむ

リタイア後の田舎暮らし、そのリアルを考えてみる

リタイア後に生活する場所

現在は東京23区内の住人ですが、社会人になるまでは地方育ちでした。

その後はセミリタイアするまで、勤務地は東京と地方が半々くらい。

東京と地方に自宅がある「2拠点生活」という経験もしました。

 

そんな個人的な経験がお役に立つかどうかわかりません。

あえて書くとすれば、「リタイア後の田舎暮らしに憧れる前に、直面する現実を考える」のは意味があるということです。

 

田舎暮らしのリアル

マイカーが不可欠

地方では、たとえ県庁所在地であっても、鉄道やバスに多くは期待できません。

バス路線によっては朝と夕方に数回だけ、という地域もザラですから。

公共交通機関が発達しているのは、政令指定都市ぐらい。

それ以外の地方では、マイカーが生活必需品です

しかも、夫婦で別々に活動する機会もあるでしょうから、1人1台も十分考えられます!

 

この生活スタイルだと、高齢になってからがちょっと心配

地方では、80代の方でもみな当然のように運転してますけど、見ていても正直不安でした。

かと言って、車なしの生活というのも、地方では絶対に考えられないんですよね…。

 

セミリタイアの場合の仕事はどうか

ネットで求人を検索すればそれなりにヒットする、というのは都会の話。

そういう意味では、田舎暮らしでセミリタイアというのはハードルが高いかもしれません。

求人の絶対数が少ないので、職種も限られる可能性がありますからね。

 

ただし、テレワークの時代なので、ネット環境さえ整っていれば、あとは本人の工夫次第かも!

もちろん農業などにトライするという手もありますし。

 

人間関係の密度が違う

田舎暮らしでは、ご近所づき合いが濃密です。

自治会の催し事もしょっちゅう。

 

地域によっては「役」とか「苦役」と呼んでいるボランティア作業が年に数回あります

草刈りとか、河川掃除など。

ハードなボランティアとして、消防団への参加などということもあります。

 

50代でも「最年少」、「若手」ですから、かなり貴重な戦力なのです!

 

生活インフラが遠い

買い物は、マイカーで郊外店まで出かけることが大前提

コンビニも、幹線道路沿いが多く、自宅から徒歩圏内なんてことはあまりないです。

もし高齢になって、運転免許を返納でもしたら、買い物さえ困る事態になります。

 

役所とか病院などの生活インフラも同じ。

自宅から遠いし、その交通手段も事実上マイカーだけ。

 

若いうちは良いのですが、高齢になればなるほど、ハードルが少しずつ高くなっていくと思います。

 

最後に余談ですが

豊かな自然に囲まれ、ストレスもたまらないだろうなあー、と思ってしまう「田舎暮らし」。

健康にいいだろうと思っていると、意外な盲点があります。

それは都会暮らしに比べ、圧倒的に運動不足になること。

マイカーでの移動が殆どなので、日常生活で歩く機会が極端に少なくなってしまうのです。

都会暮らしって、電車やバスを利用する途中などで、意外と歩いてるものなのです。

 

リタイア後の田舎暮らし、そのリアルを考えてみました。

私自身は、セミリタイアに際して都会暮らしを選択し、地方の自宅は売却しました。

地方出身者としては、後ろ髪を引かれる選択でしたが、ここに書いているような点を考慮した結果です。

次の投稿 前の投稿