【ニセコ】日本の中の外国で初滑り

セミリタイア暮らしで一番の楽しみ

セミリタイア生活では、趣味を持つことはとっても大事ですよね。

我が家では、毎年、冬のスキーを楽しみにしていて、8月ぐらいからプランニングを始めております。

 

2019-2020年のスキーシーズンに入り、いよいよ初滑り。

今回は、3年ぶりに北海道ニセコにやって来ました。

ニセコはスキー場のスケールも大きいし、雪質もいいので、大好きです。

 

ニセコは日本の中の外国

実は8年前にオーストラリアに行った時、向こうの人たちと話すと、「私は日本のニセコに行ったことがある」という方がやたら多かったので、正直ビックリしたことがあります。

まだ「インバウンド」という言葉すらメジャーでなかった頃の話。

私も、当時はニセコにしばらく行っていなかったので、ニセコがそんな状況になりつつあるとは、全然知りませんでした。

 

今や、ニセコのスキーヤー、ボーダーの外国人比率はどれぐらいでしょうか。

日本人は、はっきり言って、少数派。

今回はニセコのヒラフスキー場の近くに宿泊しているのですが、皮膚感覚では宿泊客の8割以上が外国人かな?

スキー場でも、似たような感じですね

 

スキー場の中では、公用語は英語かも。

日本語が周囲から全然聞こえてこないのです。

レストランのレジでさえ、日本語が通じなくって…。

ここは、日本の中の外国、です。

 

スキー場の物価は高い

それから、スキー場の食べ物は概して高いところが多いけど、ニセコは特に高い印象。

 

ラーメンが1600〜1800円。

ハンバーガーセットがドリンクなしで1900円?

ハンバーガー1個で約2000円が飛んでいくなんて信じられない…。

 

そういえばオーストラリアでは、物価が概して高く、例えばコカコーラも円換算で300円以上していました。

ニセコも「オーストラリア価格」になったみたいですね。

不動産価格の上昇も、確かニセコは凄かったはず。

インバウンド需要の力、恐るべし!

 

リフト券も含め当然キャッシュレス!

こんな世界なので、当然、キャッシュレスで過ごせるだろうと思っていたのですが、事前にわからなかったのがリフト券代の支払い。

ネットで調べてもわからなかったんですよ。

夫婦で1日のリフト券代は1万円を超えますから、金額的には侮れません。

予めキャッシュをどれぐらい持ち歩けばよいのか、正直、判断がつきかねていたのです。

 
 

結局、その心配は杞憂でした。

ニセコのリフト券はICカードなので、そのデポジット(保証金)として、1人1000円が必要なのですが、その分のキャッシュを用意しておくぐらい(このデポジットはICカード返却時に戻ってきます)。

 

基本的に、リフト券も、食事代も、カード払い。

リフト券がカードOKだという情報は、スキー場の公式サイトにも記載がなかったので、このブログにあえて書き込むことにしました。

今どき当たり前ではとお叱りを受けるかもしれませんが、少しでもニセコに行かれる方のお役にたてばいいな、と思います。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next Previous