余計なものはなるべく持たない

とらわれない暮らしは楽

セミリタイアの目的は、やっぱり「自由」を手に入れること。

仕事の重圧からも、職場の人間関係からも、解放されること。

 

夜の飲み会も、気を遣わなくていい。

部下のマネージメントも、しなくていい。

予定どおりに休みをとれるかどうか、気を揉まなくてもいい。

通勤電車に遅れが出ていないかどうか、心配しなくてもいい。

 

とらわれない暮らしは、はっきり言って楽です。

 

モノからも自由になりたい

そういう意味では、日々の暮らしぶりだけでなく、モノにとらわれることも、できれば避けた方が楽ですよね。

 

モノを減らす絶好の機会が、引越しです。

荷造りで一番大変なのが、不要なモノを選別して捨てる作業ですから。

私も、若かった頃、転勤で8回ぐらい引越しを経験したでしょうか。

そのおかげで、モノが増えなくて、本当に助かりました。

 

引越しをしなくてよい歳になって、ずいぶん経ちます。

その間に、家の中のモノが少しずつ増え、それがだんだん苦痛に感じられるようになってきました。

 

流行りのミニマリスト的な生活はとても出来そうにありませんが、せめて断捨離ぐらいはしなければいけないのでしょうねえ

読まなくなった本。

着なくなった衣類。

さてさて…どこから手をつけようかというのが今の正直な気持ち。

 

不動産なら、なおさらのこと

モノはモノでも、不動産ともなれば尚更なおさらです。

以前の記事にも書きましたが、セミリタイア前は都心だけでなく、地方にも自宅を所有していました。

都心に住み続けると決めた後、地方の方は売却するか、貸すか、ちょっと決めあぐねたのですが、最終的には売却することにしました。

 

というのも、所有しているだけで、時々、部屋の空気を入れ替えたり、庭に除草剤をまいたり、隣近所にご挨拶にうかがったり…と、なかなか大変。

もちろん、毎年の固定資産税もしっかりかかりますし(税金は都心の自宅よりも払っていましたよ)。

 

そんなこともあって、無事に売却できた時は、正直、ホッとしました。

身軽になりたい一心で、売却価格なんて少々損しても構わないというスタンスでしたから。

 

資産価値がある不動産ならともかく、それほど資産価値があるとは思えない不動産に縛られていくのは、さすがにちょっと考えてしまいましたよ。

不動産は、終の住処ついのすみかと考えている都心の住まい1軒だけで、もう十分って感じです。

 

余計なものはなるべく持たない

モノを捨てると、すっきりした気分になるから不思議です。

やっぱり、住んでいる空間にモノが溢れだしてくると、何がしかのストレスになっているのでしょうか。

 

物事にとらわれたくないと思って、せっかくセミリタイアしたのですから、これからも余計なものはなるべく持たないようにしたいですね。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next Previous