年末商戦の賑わいを見ながら、投資のことをちょっと考える

年末商戦たけなわ

この週末は、多摩川を越えて、川崎までドライブ。

川崎駅前のラゾーナ川崎に行ってきました。

家族で買い物だったのですが、予想どおりとはいえ、いやー、大変な賑わい。

普段も、ときどきこのモールを利用するのですが。

さすがに年末商戦。

官民のボーナスがちょうど出た時期だし…

あと10日ほどで、クリスマスだし…

今週と来週の週末は、おそらく一年で人出がピークとなる時期なんでしょうね。

オープンしたApple川崎にも行ってきた

ちょうどこの14日は、Appleの国内10店舗目の直営店であるApple川崎が、ラゾーナ川崎プラザ(2階)にオープンしたということで、少しだけのぞいてきました。

10時の開店イベントには、1600人もの人が並んだそうです。

もちろん私なんぞ、とても並ぶ元気はございません。

お昼過ぎの少し遅い時間に、人混みをかき分けながら、店内を歩いてまいりました。

実は、米国に行っても、オーストラリアに行っても、ついついApple Storeに立ち寄ってしまう人間なのです(どこの国も、扱っている商品は同じですが)。

やっぱり「川崎市ぐらいの街に、Apple Storeができて、ちょっと嬉しいなあ」というのが正直な気持ち。

よくよく考えてみれば、これまでは東京(5店)、大阪、名古屋、京都、福岡…

横浜にさえなかったんですよ。

世の中の景気はどうなんだろう

ところで、買い物に出かけて、大変な人混みをみながら、実際のところ景気はどうなんだろうと思ってました。

先日発表された日銀の12月短観では、大企業製造業のDIがゼロまで落ちていました。

これは、アベノミクスがはじまってからの好景気の終焉を意味しています。

マイナス金利政策の効果も、円安の効果も、ほぼ出尽くたのでしょう。

ちなみに、オリンピック開催準備による景気浮揚効果が一巡し、景気が下降しはじめるのは、一般的にオリンピック開催の1〜2年前とも言われています。

そういう中で、米中貿易摩擦の影響が出ているわけですから、どちらかと言えば「好景気」というよりも「不景気」というのが実体に近いのかもしれません。

このところの株価上昇

しかし、実体経済よりも一歩先を行っているはずの株価は、このところ上昇していますよね。

先週(13日)の日経平均は、600円近い大幅上昇となりました。

その背景には、英国総選挙で保守党が圧勝し、合意なきブレグジットへの懸念がほぼ解消されたことへの安心感

それから、米中貿易交渉が一定の合意に達し、対中制裁関税の発動が見送られたことへの、市場の歓迎ムード

この2つが指摘されてます。

もし本当に、先行きへの不透明感が払拭されるのであれば、本格的に「リスクオン」の市場環境となって、景気も好転するはずですが、さてさてどうなるでしょうか。

まだ、市場も手放しで楽観できるところまでは、いってないでしょうしねー。

読んでくださって、ありがとうございました。

ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next Previous