「エイジレス」、それってエンドレスのこと?

NIKKEI STYLE

ネットでときどき閲覧しているのが、“NIKKEI STYLE”。

日経新聞が運営している無料の情報サイトなのですが、その中の「マネー研究所」というチャンネルは投資家にとっても有益な情報が多く、いつも楽しみに読んでいます。

お金の話だけでなく、ライフスタイル全般にわたって、さまざまなチャンネルが設けられています。

自分が関心のありそうなものを拾い上げてみるだけでも…

MONO TRENDY

ヘルスUP

トラベル

ブック

と、いずれも肩の凝らないスタイルで、良質な情報を提供してくれるので、とても気に入ってます。

最近の記事で気になったもの

実は、年が明けてから、何気なく読んでいて、ひとつの記事が目に留まりました。

それは、2020年代の働き方はエイジレス 収入は自力で増やせというもの。

今日の人気記事でも5位に入っているので、たくさんの方が読んでおられることと思います。

この記事では、「あなたの人生とお金のポイント」として、以下の4つが列挙されています。

  • ジョブチェンジで時代の変化に対応(ジョブチェンジ)
  • 何歳まで働くかを自分で決めるようになる(エイジレスワーク)
  • 兼業・副業をきっかけに新しい仕事も(マルチジョブ)
  • 年収増は自分で勝ち取る時代(キャリアアップ)

その中身をみても、「なるほどなあ」という感じで、内容自体には特に異論はないのですよ。

ただ1箇所を除いて、ですが…。

働き方がエイジレスって、どうよ?

私がすごく引っかかったのは、「働き方はエイジレス」って言い方。

ちなみに “ageless” の意味を辞書で調べてみると、

  1. 不老の
  2. 永遠の、永久の

となっています。

これって、永遠に働けってこと?

ここで「エイジレス」って言葉を使う?

結局、エンドレスと一緒じゃない?

ちなみに内閣府が推し進めている「エイジレス・ライフ」は、あくまでもライフスタイル

高齢者の生活様式。

年齢にとらわれることなく、自由で生き生きと暮らしましょう、ってことでしょう?

実際、生活様式としての「エイジレス」だったら、ちっとも意味はおかしくない。

だけど、ライフではなく、ワークの方で「エイジレス」と言われたら、かなり違和感。

ちょっと酷くないかい?

生涯現役を押し付けられている感じが、すごくある。

確かに、定年なんかにとらわれない時代にはなってきたと思うけど。

そこには、早くリタイアする自由もある、と思うわけ。

生涯働き続けることしか言わない世の中って、ちょっと窮屈じゃないかな。

読んでくださって、ありがとうございました。

ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next Previous