今シーズンのスキーはもう諦めようかな

今シーズンの滑走日数はまだ6日

今年の桜の開花は、東京だと3月15日頃だとテレビで言っていましたけど。

確かに記録的な暖冬だから、早くなるんでしょうね。

毎日のウォーキングでも、周囲の光景はすっかり春を感じさせます…

 

なのに、今シーズンのスキーは、まだ2回だけ。

北海道のニセコに3泊4日、新潟の湯沢に1泊2日。

滑った日数はトータル6日。

 

いつもだと、1シーズンで15日滑ることを目標にしているのですが

ちなみに、星野リゾートの星野社長は年間滑走目標が60日だそうです。

すごいなあ。

 

暖冬で予定が立てづらい

今シーズンの最大の誤算は、この暖冬。

湯沢あたりのスキー場は新幹線で手軽に行けるので気に入っているのですが、今年は雪が積もるのが遅すぎました。

 

例年だと、シーズン・インした時点で、出かけるスケジュールをほぼ確定させて、宿や新幹線の予約も手配済みなのですが。

今シーズンは、最初から積雪量が心配だったので、宿も安心して予約できず、ここまでズルズルときてしまいました

 

たまに、まとまった雪が降っても、その後に一転して春のような陽気になったりするでしょう?

こうなってくると、タイミングを見計って、日帰りで滑ってくるしかないか、と思っていたのですが…

 

新型コロナウイルスも心配

そこに追い討ちをかけたのが、今回の新型コロナウイルス。

スキー場は、もともと中国の人が多かったからなあ…

湯沢や信州に行きたくても、新幹線に乗るのも怖いし。

 

暖冬なら、もう一度、北海道で滑ってくることも考えたのですが…

北海道では感染が拡大しているようなので、さすがに避けた方がよさそう。

ニセコなどのスキー場に、あれだけ中国人が来ていたので、北海道は感染が広がるのではないか、と危惧していたら…やっぱりという感じです。

 

それにしても、北海道で感染者が最初に出た時から、道庁の情報開示スタンスが妙に消極的な印象を受けますね。

この点については、ネット上でも批判の声が多かったようです。

ひょっとしたら、自治体は観光産業への影響を心配しているのかも。

でも、風評被害があろうとなかろうと、今は経済よりも公衆衛生の方が優先じゃないかな。

 

いずれにしても、今シーズンのスキーは、もう諦めるしかなさそうです。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

ともに経済的自由を手に入れられますように。

Next Previous